セレナハイウェイスター値引き|日産で新車を最安値で買う交渉術

セレナハイウェイスターの最新値引き情報を公開しています。元ディーラー営業マンが教える日産の超人気ミニバンセレナの最新値引き情報、限界値引き以上にお得にセレナに乗れる情報などレポートしているのでこちらのサイトを参考にしてください。

セレナハイウェイスター値引き|日産で新車を最安値で買う交渉術 > セレナハイウェイスター値引き|日産で新車を限界値引きで買う交渉術

セレナハイウェイスターの最新値引き情報を公開しています。元ディーラー営業マンが教える日産の超人気ミニバンセレナの最新値引き情報、限界値引き以上にお得にセレナに乗れる情報などレポートしているのでこちらのサイトを参考にしてください。

セレナハイウェイスター最新値引き情報 2016年版

日産から発売されている人気、5ナンバーサイズのミニバンセレナ。 2014年に特別仕様車「Vセレクション」を発売して以来、その人気はさらに伸びています。
日産セレナは8人乗りのサイズでファミリー層や中高年層に大人気の車種です。
 
セレナの値引きに関しては一時期よりも多くなっています。
現在のセレナは装備やグレードにもよりますが、
【車両値引き0円~50万円】
【オプション値引き0円~25万円】

合計の値引き額では平均45万円
目標にしたい限界値引き額は60万円くらいというところです。
 
日産セレナは普通の交渉で値引き額にあまり差は付きにくいという印象です。
しかし、元ディーラーの営業マンからするとセレナの値引きはまだまだつけいる隙はあるようです。
 
ここからは「元ディーラー営業マン監修の限界値引き額を超えてお得にセレナに乗る方法」をレポートしています。
誰でも簡単にできて、時間もかからない方法なので是非目を通しておいてください。


 

日産セレナハイウェイスターを限界値引きで買う交渉術

日産セレナは真っ正面からの値引き交渉ではあまり差が付かないので、少し視点を変えてみる必要があります。
そのためには、二つの準備をしてから値引き交渉をするというだけなのです。簡単にできて、時間もかからない方法です。
 
まず一つ目の準備としては、セレナの希望グレードの新車概算見積もりをオンライン上で取っておくという事です。
日産ディーラーの公式サイトからでも良いですが、ここでは外部サイトから見積もりを取ることをオススメします。
理由としては、外部からの方が、客観的なデータをがあるので、比較しやすいからです。
 
こちらのサイトで新車の見積もりを取ることができます。参考にしてみてください。
 

⇒ ■ネットで見積り簡単比較 オートックワン無料オンライン新車見積り! 
 

ここで見積もりを取っておけば、大体のセレナの値段がわかります。
他に気になる車種があるなら一緒にその車種の見積もりも取っておいても良いですね。
 
しかし、見積もりが出たからといってもディーラーにはまだ行かないでください!

ここからの準備がこの方法で一番重要な大事な部分なので、ここは見逃さないでください。
 
注目するのは下取り価格です。
最近は新車を買う時には、今乗っている車は下取りに出すということが当たり前で何の疑問も持たない人が多いですよね。
しかし、ご存じの通り、ディーラーの下取りの見積額というのは、一般の中古車市場の査定額と比べてもかなり安く設定されていることがかなりあります。
これはなぜかというと、
------------------------
ディーラー側が見込み客から値引き交渉を受けた時に、値引きをあまりしないで下取り価格を上げて、まるで値引き額を増やしたかのように見せかけるというテクニックを駆使するため
------------------------
です。
 
ディーラーの下取り価格と中古車市場の差額についてまとめたページがあるので参考にしてみてください。
 

⇒ ディーラー下取りと徹底比較!!
 


一般的なコンパクトカーや軽自動車でもその差額は20万円以上の差になる事は普通によくあります。
古いワンボックスカーやカスタムカー、輸入車、希少車などではディーラーの下取りではただ同然という、目も当てられない査定になる事もあります。
しかし、そんな車でも中古車市場では100万円以上の査定になる事があり、それがそのまま下取りとの差額になる事が良くあります。
 
ということで、二つ目の準備は今乗っている車の下取り査定を先取りして、先に中古車市場での価値を調べておく事になります。
近所の中古車買取店に持って行くのも良いですが、それよりも簡単に、より高値買い取り額になる方法があります。
それが、中古車一括査定サイトを使うということです。
 
こんなサイトがあります。
 
↓  ↓  ↓


かんたん車査定ガイド
 
このサイトでは愛車の情報を入力してワンクリックでオンライン上で愛車の大体の査定額が表示されます。その後は各車買取業者との交渉してさらに高額査定を目指すという形になります。
さらに高値買取を目指すなら複数のサイトに情報を入力してさらに査定してもらえる業者を増やすことが効果的です。
やることは同じなので、数分の手間を惜しまなければ良いだけです。
 
このようなオンライン査定サイトというのが実はとてもたくさんあります。入力がシンプルな順にランキングにして5つほどピックアップしましたので参考にして下さい。

かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド
 

必要な情報を入力してわずか32秒で一括査定

●オンライン上で概算見積もりを確認可能

●事故車も見積もり可能

JADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している
優良企業のみ参画

楽天無料愛車一括査定
楽天無料愛車一括査定
 

買取申し込みで楽天ポイント3000ポイント!

わずか50秒の簡単入力

●有名な大手企業が参画

ズバット車買取比較
ズバット車買取比較
 

●期間限定の契約で10万円が当たる!

●わずか1分で入力は完了!

大手を含む100社以上から厳選最大10社から一括査定

●シンプルで使いやすいサイト

カーセンサー.net簡単ネット査定
カーセンサー.net簡単ネット査定
 

リクルートが運営、大手で安心

●コンテンツが充実していて、初心者向け

●必要事項を入力して3ステップで完了。


こんな感じで、たくさんのサイトがあります。
中でもオススメはランキング一位の「かんたん車査定ガイド」です。
入力がすぐ終わるシンプルなサイトで、情報を入力してからワンクリックでオンラインの画面上で愛車の概算査定額を確認することができます。
時間がない人でもこのかんたん車査定だけは使うようにしてください。
 
⇒ かんたん車査定ガイド
 
時間がたくさんある方は複数のサイトを使えばさらに多くの中古車査定業者から見積もりを取ることができるので、より高額査定が見込めます。
そんな人はランキングの上から順番に使って見てください。
もちろん簡単かんたん車査定だけでも充分高額査定を見込めます。
 
ここで出た査定額と、最初に出した新車の概算査定額を持ってディーラーに行き、値引き交渉をしてみましょう。
経験豊富なディーラーの営業マンも冷や汗をかいてしまうと思います(笑)
 
この二つの準備をしていくだけで値引き交渉はかなり楽できて、非常に高い効果も見込めるので、是非この二つを実践してください。
 

⇒ ■ネットで見積り簡単比較 オートックワン無料オンライン新車見積り! 
 

⇒ かんたん車査定ガイド
 
 この二つの準備をしてから日産へセレナの値引き交渉をしに言ってみてください。
経験豊富なディーラー営業マンが冷や汗をかくことでしょう(笑)
 
是非この簡単な方法を実践して、お得に日産セレナに乗ってください!


>日産から発売されているファミリー層に人気のセレナ。
日産セレナは2014年10月1日に「Vセレクション+sefty」を発売してからもその人気はさらに上々です。セレナは衝突回避支援システム等の最新システムを搭載して、S-HYBRIDシステムで低燃費を実現しています。
日産セレナは最新安全監視機能をふんだんに搭載しているのがファミリー層に人気がある秘密のようですね。
現行モデルの日産セレナは「ハイウェイスター Vエアロモード」、「ハイウェイスター Vエアロモード+アドバンスドセーフティパッケージ」、「ハイウェイスター Vエアロモード+セーフティ」等のグレードがあります。
セレナの燃費は13.6km/L~15.4km/Lと低燃費を実現しています。 
価格帯は224万円~336万円です。
普通にセレナの値引き交渉をしても、価格相応の値引きになります。
 
先ほど紹介した二つの準備をしておくだけでかなりのお得になる可能性が高いので、是非実践してみてください。
 
⇒ ■ネットで見積り簡単比較 オートックワン無料オンライン新車見積り!
 
⇒ かんたん車査定ガイド
 
 








日産セレナは全国の日産プリンス、日産自動車販売で取り扱っています。
近くの販売店を調べてみてください。

【47都道府県一覧】
北海道・東北
北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
関東
東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
北陸・甲信越
新潟/富山/石川/福井/山梨/長野
東海
愛知/岐阜/静岡/三重
近畿
大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良/和歌山
中国・四国
鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知
九州・沖縄
福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄
【東京23区】
千代田区/中央区/港区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/豊島区/北区/荒川区/板橋区/練馬区/足立区/葛飾区/江戸川区